自宅筋トレ

スポンサードリンク

第1位

筋トレ人気ランキングの特徴

週2回、わずか14分間のトレーニング

価格 14,800円
評価 評価5
備考

第2位

日本人男性専用トレーニングの特徴

1日35分×週3回×6週間の週代わりプログラム

価格 19,800円
評価 評価5
備考
スポンサードリンク

第3位

1日たった30分3ヶ月でメタボと脂肪肝を解消する方法の特徴

週1回たったの30分

価格 20,000円
評価 評価5
備考

きちんとした方法さえ知っていれば簡単だった・・・

減量法

減量しながら筋肉をつけるにはどうすればいい?

減量しながら筋肉をつけることはできるのでしょうか?できないことはありませんが、とても難しいです。減量をしていくと、当然のことながら、体重が減っていきます。ほとんどの場合、体重が減ると、脂肪と一緒に筋肉も減っていってしまいます。

 

筋肉を落とさずに体脂肪だけを減らしていけば、減量しながら筋肉を維持していくことはできるでしょう。でも、筋肉は、何もしなければ自然に落ちていきます。

 

筋肉を維持するためには、筋トレをするしかありません。鍛える部位を変えて、毎日トレーニングするのが理想ですが、無理をしない範囲で大丈夫です。

 

さらに、筋肉をつけるには、たんぱく質も必要になります。しかし、食事からたんぱく質を摂取しようとすると、結構な量の脂肪も同時に摂取してしまいますね。なので、筋肉をつけたい時には、プロテインを摂取して、良質なたんぱく質だけを摂るようにします。

 

だからといって、プロテインを多量に摂取してはいけません。余分なプロテインは脂肪に変わってしまいますから、決められた量のプロテインを摂取するようにしてください。基本的には、減量している時期には、筋肉はついていきません。ですから、筋肉を維持していくことに重点を置きます。

 

より筋肉を付けていく時には、増量する時期を設けます。多少は脂肪もつきますが、筋肉をつけていくためには仕方ないのです。食事をたくさん食べて、筋トレをして、筋肉を増強していきます。筋肉がついたら、その後に、筋肉を維持しながら減量をしていき、脂肪を落としていくという流れになります。

 

 

10キロ以上体重を落とすには?

10キロ以上減量するのは、並大抵の事ではありません。もちろん、短期間での10キロ減量は、体に良くありません。減量するには、何キロの減量でも短期間で成し遂げようとする事には、無理があります。たとえ、成功したとしても、体のどこかに不調が出てきます。減量に無理は禁物なのです。

 

具体的に、10キロの減量はどのようにすればいいのでしょう。食事制限と運動による減量方法が、すぐに始められて最も安全な方法です。食事制限は、夕飯を少なめにしたり、夜8時以降は何も食べないなど、色々なやり方があります。もちろん、「食べない」という方法はなしです。

 

体力が無くなり、気力までも無くしてしまいますよ。1日1000キロカロリーは必ず摂取するようにします。運動は、フィットネスクラブなどに通う方法もありますが、ウォーキングでも大丈夫です。ウォーキングは最低でも、30分くらい歩きます。

 

もちろん、ダラダラと歩くのではなく、背筋を伸ばし、筋肉を意識しながら歩いてください。他にも、毎日の何気ない動作を少し意識するだけでも違ってきます。エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を利用したりするだけでも良いのです。

 

インナーマッスルが鍛えられ、代謝を促します。世の中には、様々なダイエット法が存在しますが、自分にとってやりやすく、体に負担のかからない方法で行うと長続きします。一定期間だけ何かをしてダイエットするのではなく、一生続けられるような方法を習慣にして減量するというのが理想です。